IWC (INTERNATIONAL WATCH COMPANY)のご紹介

IWC 腕時計販売 大阪ジョイフルコレクション
IWC 時計
人気の時計ブランド、IWCのご紹介

INTERNATIONAL WATCH COMPANY
IWC

IWC (INTERNATIONAL WATCH COMPANY)のご紹介


IWCは1868年に創業。スイス北部のシャフハウゼンで高度な技術で
堅実に時計を製作。またIWCの技術革新の努力は現在も続います。
IWCデザインと技術において産業界の最先端にありながら、
同時にクラシックで永遠に残る製品をつくることを追求し、
数々の輝かしい成功を収めています。時計づくりの
歴史において、IWCは、新しい懐中時計および腕時
計の開発に、「プローブス スカフージア −
シャフハウゼンで作られたすべての時計に記され
るIWCの証」と呼ばれるモットーに示される
IWCの哲学は、1868年の創立から
現在まで変わることなく
受け継がれてきました。
その結果生れた数多くの
イノベーションは、
未来への進歩の
証なのです。

IWC 時計の商品ラインナップはこちら>>
ジョイフルコレクションが販売するブランド時計のご紹介へ戻る>>



iwc
IWC創設-アメリカ人がたどり着いたライン川の水力-シャフハウゼン

IWCはフロレンタイン・アリオスト・ジョーンズが創業。

アメリカに生まれたジョーンズは、ボストンの時計製造会社 F・ハワード&カンパニーの社長に27歳の若さで就任した逸材。
その後、F.A.ジョーズはハワード社を辞め、希望の実現-アメリカの最先端技術と当時まだ賃金の非常に安かったスイスの労働力を結びつけて、 アメリカ市場向けに高品質の時計ムーブメントと時計部品をスイスで製造しようと考え-スイスに渡った。
今では当然ですが、140年以上前の当時としては非常に斬新で大胆なアイデアだった。

IWCの社名の由来は、創業者のアイデアによるアメリカ国内にとどまらない国際的な流通、世界中で使用されることを願い、International Watch Company インターナショナル・ウォッチ・カンパニーという名称がつけられました。

ライン川の低圧水力発電所
現在のマーク15、スピットファイア、フリーガー、GSTクロノ、アクアタイマー、ドッペルクロノ、 ポルトギーゼなどのIWC時計はすべてはここから始まりました。
iwc
iwc
シャウハウゼンに工場を創設に至るまで、ジョーズが思い描いたより簡単ではなかったことは、言うまでない。 

スイス国内において、スイス西のフランス語圏のジュネーブを基点とした点在する時計職人たちが、外国人であるジョーンズをすんなりと受け入れることはなく、 彼の計画に賛同するどころか、「工業技術を導入することで仕事を奪われるのではないか」という事で反対。
仕方なく彼はスイスの東、ドイツ語圏に拠点を探した。

そんな中、時計師、企業家としてすでに活躍していたヨハン・ハインリッヒ・モーザーは、1848年にシャフハウゼンに戻り、鉄道事業やライン川のダム建設及び電力事業にも手腕を発揮し、シャフハウゼンの産業に大きく貢献していた。

ライン川で発電された電気を利用したいジョーズとモーザーの利害が一致し、地元の名士であるモーザーがジョーズに協力したこともあり、1868年にンターナショナル・ウォッチカ・カンパニーIWCがライン川のほとりに創設された。
モーザー ヨハン・ハインリッヒ・モーザーと、1866年に稼動していたこの発電所からIWCに工場の動力が供給されていた。
iwc
iwc
シャフハウゼンに時計職人ギルド (中世より近世にかけて西欧諸都市において商工業者の間で結成された各種の職業別組合)の始まりは1583年。 このギルドからヨハン・フォーゲル、ロジェール・ピュゾー、アルバート・ペラトンといった、名設計士を生み出している。

創設者のフロレンタイン・アリオスト・ジョーンズはアメリカ人であったということから、アメリカの機械自動化技術とヨハン・H・モーザーが持つスイスの伝統的な腕時計技術、そしてドイツに程近いシャフハウゼンという町が持つドイツ気質の融合が、シャウハウゼンに新しい時計作りの流れを作った。
記念すべきIWC最初のムーブメントはジョーンズ・キャリバーと称され、ポケットウォッチに搭載された。
ジョーンズ・キャリバーは当時としては最先端の技術であるバイメタル補正テンプ、ブレゲ式ひげゼンマイ、3/4スケールのプレート、長い緩急針の精密な緩急調整装置が採用されました。
このジョーンズ・キャリバーからIWCの時計が始まったのだ。

最初のムーブメント復刻 インターナショナル・ウォッチ・カンパニーIWC最初のムーブメント ジョーンズ・キャリバーの復刻 IW545404 IWC ポルトギーゼ ハンドワインド
iwc
iwc
しかしながら、高い理想を掲げて創業したIWCだったのですが、
創業後十数年間、経営は安定せず、経営危機に陥ってしまった。
その後、経営者が変わること数度の後、1881年に、スイスのラウシェンバッハ家によって買収され、スイスの会社となりました。。
以降順調な発展を遂げる。その後にIWCは名設計者を輩出し、その名を高めていく。ヨハン・フォーゲル、ロジェール・ピュゾー、そしてアルバート・ペラトン。ペラトンは、ペラトン自動巻の設計者として日本でも有名な技術者だ。
そして"Probus Scafusia" プローブス・スカフージア(シャフハウゼンの優秀で徹底したクラフトマンシップ)と言う製品哲学を礎に、IWCの時計つくりは現代に受け継がれています。
写真はIWCポルトギーゼ7デイズのムーブメントにみらえっるプローブス・スカフージアのプレート。
プローブス・スカフージア プローブス・スカフージア
iwc
iwc
1881年、ラウシェンバッハ家によって買収されたその後漸く順調に発展を遂げたました。
しかし、1969年セイコーがステップ式のクォーツ時計を発売したことに始まるクォーツショックにより再び経営が悪化し、破綻。
1978年、これを救済したのがドイツのマンネスマン VDOに売却されます。
そこで、経営者となったギュンター・ブルムラインは、ポルシェデザインと提携し1982年に「オーシャン2000」を開発したことを手始めにIWCの復活に尽力します。
以降も、1985年には永久カレンダー付き時計「ダ・ヴィンチ」を、
1991年には永久カレンダー、ミニッツリピーター、クロノグラフを併せ持つ「グランドコンプリケーション」を、
1992年には「イル・デストリエロ」を開発するなど、意欲的なモデルを開発し続け、IWCの名声を確かなものとしました。
また、IWCの精度が高く、視認性、耐久性、耐磁性に優れた時計は、多くのパイロットに支持を得て、1940年には「ラージ・パイロット・ウオッチ」がドイツ空軍に採用、
1945年には「Mark10」が英国空軍に納入、
1948年には「Mark11」が英国空軍、オーストラリア空軍、南アフリカ空軍に採用されるなど、多くの国の空軍にも採用されています。
IWC ポルトギーゼ
iwc
iwc
IWCポルトギーゼ PORTUGUESE

IWCがシャウハウゼンでポルトギーゼを作ったのは1930年代。
その由来は世界の7つの海(北大西洋・南大西洋・北太平洋・南太平洋・インド洋・北極海・南極海)を越えたポルトガル人を冠してつけれれた名称です。

このポルトガル王国が、"7つの海を制した"と言われるほど繁栄を極めたのが、15世紀に始まる大航海時代でした。
ポルトガルは,エンリケ航海王子がアフリカ西岸の探検航海を指揮したのを皮切りに、南アフリカの喜望峰到達(1488年)、ヴァスコ・ダ・ガマによるインド航路開拓(1498年)、ブラジル発見(1500年)などを次々と成し遂げ、大航海時代の先駆者となりました。
やがて東南アジアや中国のマカオにも勢力を拡大し、ポルトガルは香料貿易を独占して巨万の富を得ることに成功しました。当時はまだ四分儀とアストロレーブ (天体観測器)を駆使して航行しえおり絶えず、正確な時間を計る方法を捜してました。
1930年にはすでにポルトガルは世界の派遣や海洋国家の地位を失っていましたが、ポルトガル人の男2人が、IWCにマリンクロノメーターの精度を備えた腕時計を注文したことがきっかけになり、ポルトギーゼの基礎が作られました。
当時、アールデコ調の小ぶりの時計がはやってましたが、2人がオーダーした腕時計は比較的大きく、既存の腕時計ムーブメントでは対応できなかったのです。IWCはこれに対して、薄型のポケットウォッチ用ムーブメントを利用した結果、精度の優れた時計に仕上がったばかりか、大型時計の新しいトレンドが生まれました。

最初のポルトギーゼが発表されてから約80年、現代に復活を果たしてから約20年が経ちました。その間、既存ムーブメントの更新はもちろん、新しいムーブメントへの取り組みを日々行っている結果、ポルトギーゼはIWCの腕時計ラインナップで人気のモデルとなってます。

ポルトギーゼ PORTUGUESE IWCポルトギーゼ PORTUGUESE
iwc

IWC
商品一覧

お支払
送料

お問合せ

通販法に
基づく表記

時計に関
するFAQ

保証
メンテナンス

ブランド時計
のご紹介



時計 パイロット ポルトギーゼ アクアタイマー スピットファイア 取扱・商品一覧




ジョイフルコレクション お取り扱いブランド&商品一覧


ブランド
ブライトリング (BREITLING)
ブルガリ (BVLGARI)
B-Barrel
カルティエ (Cartier)
シャネル (CHANEL)
IWC (International Watch Company)
オフィチーネ・パネライ (OFFCINE PANERAI)
オメガ (OMEGA)
パテックフィリップ (PATEK PHILIPPE)
ロレックス (ROLEX)
ティファニー (TIFFANY & Co.)
チュードル (TUDOR)


お探しの商品はございましたか?
商品が見つからない場合は、

お問い合せ

からお問合せ下さい。

上記商品以外にも、ご希望の商品をお取り寄せ致します。お気軽にお問合せ下さい。


ブランド 腕時計商品カタログ
取扱い ブラント 腕時計のご紹介
機械式時計の取扱いについて
ブランド 腕時計に関するFAQ
特定商取引に関する法律に基づく表示
ブランド腕時計のお支払い・送料について
ブランド 腕時計の保証・メンテナンス
大阪 ブランド腕時計ジョイフルコレクションの会社概要
ジョイフルコレクションへのアクセス
ブランド 腕時計 販売に関してのお問い合せ
ブランド腕時計関連サイト リンク集
IWC 腕時計 大阪 ジョイフルで
ショッピングクレジットのご案内 時計販売 ジョイフルコレクション お支払い・送料について
時計販売 ジョイフルコレクション お支払い・送料について
グラハム ロレックス ブライトリング オメガ パネライ IWC カルティエ ブルガリ
カルティエ ブランド時計